スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰りはこわい 山ガール 遭難?!

そして、思ったより里山見学が早く終わり

私たち(3人ニセ?山ガール)は私の希望により

近くにある妙見山に登ることにした。

と、言ってもケーブルにリフトに乗り継いで

頂上に行くので、歩く距離はたいしてありません^ー^;

だから、帰りに歩こうと話していました。

このとき、リフトに乗せてくれたお姉さんは

帰りは、その格好(一応山ガール、くどくてスミマセン)なら

歩けますよ!と笑顔でした。

でも、もう彼女に会うことはなかったのです・・


P1000432.jpg
P1000446.jpg
P1000448.jpg

能勢妙見山 入り口に到着
P1000449.jpg
P1000450.jpg
行ってみたかった会館

P1000453.jpg

P1000455.jpg

P1000458.jpg

P1000457.jpg

そして、私たちは吸い込まれるように

来た道ではない道を下りはじました。。

うっすら、この道は誰も通ってないな・・

とか

険しいな。。とか

気づいていたのに、下りたい気持ちが

なぜか出て、どんどん下ってしまったのです。

そのころ、どう考えてもクマが出ると

ニュースの多い時期。

本当に怖かった。

そして、下ること1時間経ったか・・

やっと新たなスポットに出たのです

P1000459.jpg
美しい、紅葉もまた見れ、

トイレにも行けて、もう下りたんだ・・と

思うようにして、駐車場に出ると、人もいた。

そこで、ここからどうやって駅に行けばいいか

聞くと、駅には歩いて行けないと言う。


そう、真反対に下りているのですもの。

これから1時間はかけて下山し、バスはないかもしれないから

タクシーを呼ぶしかないと。

時間は4時。

5時には日没です。急いで下山したところ

既にうす暗くなり始め。

バスはあるにはあるが1時間半ないことが分かる。

喫茶店やコンビニもない場所。

あるのは<野間の大けやき>だけ

噂に聞いていたが、まさかここで

見学することになろうとは・・

寒さをよける場所もない。

とりあえず、大けやきを拝みに行く。

P1000460.jpg
樹齢1000年(と、現地では言われてるそうです)

こんなに長く書きましたが、結局バスを待つのが

寒いし、怖くて、父親に助けを求めて

迎えに来て貰いました!

(歩き過ぎて家からちょっと近くなってたんですー)

あー良かった!


なお、下山途中に遭遇したお寺は

本瀧寺というこれまた日蓮の妙見山と全く別物

ということが分かった。

1250年の歴史があり、行基によって

開かれた滝もあって、歴史的に有名な人も

修行をしてるそう・・

あぁ滝も見ず、違う寺とも気付かず・・

行基さんごめんなさい。


そして、こんなに引っ張って

みなさん、ごめんなさい。

でも、怖かったんだもーん。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。