スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姪っこ♪


もう姪っこが生まれて2ヶ月になりそうですが、
生まれた日を忘れることはなさそうです。

生まれた日の前日、
これから妹達が泊まることになる部屋の網戸を母親と3人で
新しい網に交換し、若干運動した?せいもあったのか、
予定日より2日早い日に生まれた。

あまりに体重が重たくなってきたので、
毎日「早く出ておいでー」と
皆にせがまれたからかもですが・・

生まれた日の夕方、我が母親は隣の長男に
生まれた赤ちゃんが遊びに来ているというので、見せて
貰いに行っていた。

そこに妹から「破水したかも」と連絡があり、急いで病院に行った。
私は母親が買ってきていた、お饅頭を持って行ってもらうことにした。
案の定2人とも食べたらしい。母は強し。

私はこの後帰ってくる父親と晩ご飯を一緒に食べてから病院に
向かうことにした。

2009年は父親の胃がん、2010年は母親の椎間板ヘルニアの手術で
病院に来ていたので、その頃は病院に行くことに気が重かったけど、
2011年のこの日は全然違うものでした。
病気じゃないから当然ですけど^ー^;

あと2,3時間で生まれるらしい、
お母さん頑張りますっとちょっと力の入った
若干検討違いのメールがあり、私たちも病院に行った。

一応、お弁当とか作るか買っていくー?と聞いたけど、
返事がないので、手ブラで行くと・・
「お弁当は?」とのこと。だから聞いたんですけどーっ
父親が買ってきたので、母親がそれを食べてる間
私が妹の見張り番になった。

妹が「きたきた」と小さい声で言うと私が「はいはい」と
腰あたりをすごい力でさする、という繰り返し。
「もっと強く」とちょいちょい叱られます。
ご飯を食べたであろう母親は疲れていたのか
まだ帰ってきません。

正直おおげさかもですけど、このままずーっとさすると
指紋なくなりそうなんですけど・・と汗をかいてさすっていたら・・

この間、ちょうど妹が入った分娩室の手前の部屋には
もう一人の妊婦さんが苦しんでる声が聞こえていました。
それが尋常ではない。

妹は殆ど寝てる感じでちょいちょい「きたきた」と
言うだけだけど、向かいの人はちょっと前のドラマで
見る妊婦さんより激しい感じ・・

しかもまだ誰も到着していない。妹を置いておいて、
あっちをさすってあげようかな?と思うくらい。

やっとご家族が到着されると、お母さんと一緒に
明らかに会社帰りで着替えずご飯も食べてないお父さんと
部活帰り(イメージでは体操部)の高校生みたいな弟が参戦。
弟はおねえちゃんの出産があまりに壮絶っぽいので、見てられないと言う。
ほんでおねえちゃん何歳?とちょっと思ったが、こっちも
そこそこ忙しいので、あまり考えていられない。

ところが、向かいの妊婦さんは当初より当然だけど
徐々に激しい状況になり、妹より早くに到着していたが
分娩室には妹が先に入る予定になりそうだった。

可哀想だけど、こればっかりは助産師さんたちにも
何もできることはなさそう。

何よりもリラックスをしないといけないらしいけど、
力が入ってしまうので、助産師さんにも叱られて、
応援のため、向かいのご家族(特に弟)はリラックスを絶叫。

ほんまに真剣にしてはるから必要ないつっこみですけど、
「いや、そんなに部活の声出しみたいに叫んだら
リラックスできひんし、こっちも力入るわっ」と

そして、妹はツボが見つかったので、腰の決まった場所を
さするとちょっとマシになるようですが、向かいの彼女は
ツボがない様子。そーゆーケース(一切触らないで的な)も
あるらしい。なんという不平等っと勝手に嘆きました・・

それから、もう分娩室入りますっというところで
妹の旦那が到着し、割烹着みたいなやつを着せて
ビデオを持たせて、無事分娩室へ
30分で生まれて、妹は「なんか実感ない」って感じ
汗も涙もなく、「お腹減ったー」と出てきました。

ですが、一応私の母親だけは泣いてました。
P1001010.jpg
「そんなに目を細めて、見えるん?」というくらい

ちなみに向かいの妊婦さんの旦那様は出張?か何かで
明日の到着になるとのこと。。
くーっ神様っそこをなんとか!と勝手に思いつつ・・

。。。。・・・・。・。・。・・・・・・・・・・・。。。。。・・。。。。。。。。・・・

翌朝、母親から嬉しそうに
「おばあちゃんになりました」とか言われましたけど、
昨日の涙・・あれはそれを喜んでたん?
それとも、赤ちゃんと妹の無事を喜んでたん?

そっとしておくことにします。

P1000948.jpg
大きい赤ちゃんには入らないんじゃ・・と心配しましたが、
入りそうです。手編みってやっぱ味が出ますね^ー^

。。。。・・・・。・。・。・・・・・・・・・・・。。。。。・・。。。。。。。。・・・

さて、やっとこ1ヶ月と10日で母親に若干押し切られる形で
妹と姪が自宅に帰り、ちょっとずつ家事もしながら旦那を
迎える準備をしなさいということで帰ったけど、14時間で
里帰りを果たすことになった。

平日は里帰り、土日は旦那と家族3人で頑張って慣れてみてー
という予定だったが、最近の省エネ?会社を早く帰る業務命令が
出ているそうで、妹の旦那が早く帰ってくるので、なんだか
夜は自宅に戻って夕方くらいまでは毎日暮らし始めました・・

良かった良かった。

P1001017.jpg
「お地蔵さんと呼ばれた日」

P1001019.jpg
「初お風呂」

P1001041.jpg
「名前が決まった日」

P1001066.jpg
「人生2回目に裏返された日」
声はないけど、「ぎょえーっ」っていう
声が聞こえた気がしました。首座ってないもんね・・

P1001112.jpg
良かれと巻きつけたら「病気の殿」と呼ばれた日

そのNG
P1001111.jpg

P1001128.jpg
「お宮参り系」

P1001129.jpg
妹と母親が合作で編んだお宮参り用の洋服
でしたが、あんまり暑いので、着せなかったけど、
写真が撮りたいために家で撮影・・
「ファイティングみゆ」と呼ばれてるそうな

P1001059.jpg
哺乳瓶を煮沸してましたが、最近はレンジでチンするものやら
色々あるそうですねぇ。助かりました^ー^と思ったら、
やっぱり自宅に持って帰ったので、毎日お湯で洗ってまーす^ー^

ということで、母親も私達2人を3時間台で出産しており、
妹も同じくらいだったので、安産家系なのかな?という
結論に至りました。

本人が言うには
痛みにも強い?にぶい?のか産後もめちゃめちゃ普通だった
ようで、今まで友達に聞いた話とかとはちょっと違っていて、
興味深かったです^ー^

ちなみに母乳が一切出なかった私の母親からの遺伝か
妹も母乳が少ないみたいなので、ミルクと併用している状況です。

同じ日に出産した向かいの人はバリバリ母乳っぽかったので、
最終的には神様は折り合いをつけたんかな?と勝手に
思い込みました。

しかし、色んなグッズがあるから便利になってるけど、
これほど過酷とは・・
可愛いけど、お母さんはほんとに大変ですねぇ。

そして、昔の人も・・
母親も布おしめを使ってたと言うし、ほんますごいっす。

。。。。・・・・。・。・。・・・・・・・・・・・。。。。。・・。。。。。。。。・・・

妄想が膨らんでますけど・・

隣の次男には3人子供がいて、3人目はうちの妹と
2,3ヶ月違いで、向こうが早く生まれたんですけど・・

その1番上が幼稚園の遠足だからって、ちょうど1ヶ月くらいで
3番目の子は2番目の子と一緒に幼稚園の遠足にママに
連れられて参加してるんですねぇ。
お母さんもすごいけど、生後1ヶ月で遠足って!

うちの姪っ子は私と同じ長女で初孫・・
2ヶ月経った今も家の駐車場までしか出たことがない
という世間知らず・・

3番目とかって私のような長子と違って度胸あるなーと
思うことがよくあるし、スポーツ選手とかも結構3番目とか
聞くんですよねぇ。

だからと言ってスタイルも変えられそうもないんですけど・・

多分年末のお餅つきに全員集合するだろうから、
この半年でどれくらい違うのか観察したいと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。